top of page

ツインズの福利厚生①『はぐくみ基金』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


当事業所では、福利厚生の一つとして「はぐくみ基金」を昨年より導入し、社会保険加入スタッフ約9割のスタッフの希望者が加入しています。メリットが多くみられる「はぐくみ基金」に加入することで、スタッフからも喜びの声をいただいております。

本日は、新入職員も増えたため、はぐくみ基金の運営委託会社ベタープレースさんからわかりやすい説明会を実施していただきました。


はぐくみ基金とは

正式名称を「福祉はぐくみ企業年金基金」といい、2018年4月に厚生労働大臣の認可を受けて設立された確定給付企業年金基金です。 福祉業界で働く方々の資産形成のため設立され、今では福祉業界以外の法人にも広く支持されています。


●メリット

元本が保証される  仮に元本割れがあっても、会社で補填する

利息がつく  現在、利率1%で運用

③仮に数年で退職してしまっても給付を受け取れる

毎月の所得税、住民税などの負担を軽減できる

⑤受け取り時に税制が優遇される


●デメリット

「加入者のメリット」のなかで社会保険料の負担軽減を挙がっているが、毎月納める社会保険料が低くなると、将来社会保険からの給付(社会保障給付)が減少してしまう可能性がある。

例えば、雇用保険の失業給付は直近6ヶ月の給与額から算定した手当が支給されるので、給付額に影響が出る可能性があり。


⇒メリットが非常に多いはぐくみ基金、ツインズ訪問看護ステーションでは引き続きスタッフの福利厚生として取り入れていきます(^^)


関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.5.14『圧迫骨折受傷後の要支援症例』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では圧迫骨折受傷後の要支援の方に対する関わり方について検討しました。 今回の症例では、約3か月の訪問リハビリ終了後にデイサービス利用をされるという目標を達成された事例でした。 要支援症例の大まかなリハビリ方針を確立しケアマネや看護とも提示、共有することによって、終了の時期や進行度などを

ツインズに新しい仲間が増えました☆

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 4月1日より男性の言語聴覚士さんが入職されました。20代で徳島出身!!好きな芸能人は新垣結衣です。趣味はゲームと漫画・アニメです。好きな食べ物はからあげです。ツインズを選んでくれた理由は言語聴覚士さんが沢山いたからだそうです。 ツインズを選んでくれて非常に嬉しいですね☆一緒に楽しく働きましょう!

Comentarios


bottom of page