top of page

事業所内研修2022.8.23 『ケーススタディ:環境調整と多職種連携の重要性』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。


今回のケーススタディは、終末期における訪問看護・ケアマネの関わりの中で学んだことを発表してもらいました。当事業所では、ケアプランセンターも併設していることもあり、病院からケアマネと訪問看護・リハビリのセットで依頼をいただくことが多々あります。


同じ事業所で関わらせていただくことは、日々体の状態が変化する中で、より密な連携をとり、迅速な対応をチームで働きかけることが可能であると日々感じています。

もちろん他の事業所でのケアマネさんとも連携をとりながら迅速な対応をしていただいていますが、事業所内でみんなで話し合う頻度が格段にあがると感じています。


今回のケースにおいても、ご利用者様・ご家族様の大きな不安に対するチームアプローチを実施することで、不安の軽減を図ることができ、在宅での看取りをサポートさせていただきました。一つ一つの負担に対して、一つ一つお答えし、こちらからも不安軽減につながる働きかけを実施してまいりました。


その中の一つの紹介をさせていただきますと、

どうしても部屋の大きさの問題でベッドを置くスペースがなかった中、、

布団で対応できるギャッジアップ式の『ハスビス』を導入することで、食欲の増進や安楽肢位の獲得が図ることができました。

今回の症例を通じて、お恥ずかしながら床における『ハスビス』の存在を知ることができました。またその存在が利用者様の身体・心理状況に大きく影響することを知り、大変学びになりました。


今後も新しい情報を毎年更新しながら、ツインズ全体で知識を深め、対応力の向上を図ってまいります。最後までご一読いただき、ありがとうございました。



関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page