2022.1.11『ケーススタディ:再発する褥瘡に対してのアプローチ』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーションです。

今回の事業者内研修は、看護師による「褥瘡ケーススタディ」です。


疾患により、褥瘡が頻発しているケースに対して、他病院の「排泄・スキンケア認定看護師」と連携を密に行いながら、根気強い関りを行う中で褥瘡治癒に至ったケースの紹介となりました。


褥瘡治癒に至った背景として、日々の細やかな評価と多職種との連携・共有がポイントとなりました。

看護師による適宜適切な処置内容の検討・全身状態の把握・DRとの連携、

理学療法士によるクッションなど環境面の調整・ポジショニングや動作指導、

管理栄養士による栄養指導、様々な点でのご本人・ご家族への指導、デイサービススタッフやヘルパースタッフとの密な連携など。


上記の連携を密に行う中で、利用者様の意欲も向上し、より良い結果となったと思います。

以前実施した褥瘡ケースの学びを生かして、よりよい関わりとなっているなと感じました。


引き続き、実際の臨床を大事にしながら、アウトプットし、更なる学びに変える取り組みを実施してまいります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 今回のケーススタディは、終末期における訪問看護・ケアマネの関わりの中で学んだことを発表してもらいました。当事業所では、ケアプランセンターも併設していることもあり、病院からケアマネと訪問看護・リハビリのセットで依頼をいただくことが多々あります。 同じ事業所で関わらせていただくことは、日々体の状態が変化する中で、