事業所内研修2021.5.19 『ケーススタディ』

こんにちは、大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

2012.5.19にzoomによる事業所内研修会を行いました。


本日は「ケーススタディ」を実施しました。

本日はケアマネスタッフからのケーススタディとなりました。


利用者様の「家に帰りたい」という思いと、ご家族それぞれの思いがある中で、それぞれの思いをどのように尊重しながら、どのような関わりをもっていけばいいのか、訪問看護・リハビリの視点からもみんなで考えました。

有料老人ホームを介して自宅復帰の可能性があるケースを、みんなでイメージすることができました。


今後も様々なケースに触れて、より活発なケーススタディを行う中で、一人ひとりのスタッフの視野を広げていく所存です。


最後までお読みいただきありがとうございます。




関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 最近の取り組みとして、事業所内研修の時間で『パーソナリティ診断』を実施しました。 パーソナリティ診断とは・・・ 受検された方の「まじめさ」「根気強さ」や「心理的ストレスに対する対処法」などのパーソナリティ(=資質)について、統計的手法から客観的な診断を提供するものです。診断結果はあくまでもその方の「タ

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 当事業所では、福利厚生の一つとして「はぐくみ基金」を昨年より導入し、社会保険加入スタッフ約9割のスタッフの希望者が加入しています。メリットが多くみられる「はぐくみ基金」に加入することで、スタッフからも喜びの声をいただいております。 本日は、新入職員も増えたため、はぐくみ基金の運営委託会社ベタープレース