事業所内研修2021.5.19 『ケーススタディ』

こんにちは、大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

2012.5.19にzoomによる事業所内研修会を行いました。


本日は「ケーススタディ」を実施しました。

本日はケアマネスタッフからのケーススタディとなりました。


利用者様の「家に帰りたい」という思いと、ご家族それぞれの思いがある中で、それぞれの思いをどのように尊重しながら、どのような関わりをもっていけばいいのか、訪問看護・リハビリの視点からもみんなで考えました。

有料老人ホームを介して自宅復帰の可能性があるケースを、みんなでイメージすることができました。


今後も様々なケースに触れて、より活発なケーススタディを行う中で、一人ひとりのスタッフの視野を広げていく所存です。


最後までお読みいただきありがとうございます。




関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 今回のケーススタディは、終末期における訪問看護・ケアマネの関わりの中で学んだことを発表してもらいました。当事業所では、ケアプランセンターも併設していることもあり、病院からケアマネと訪問看護・リハビリのセットで依頼をいただくことが多々あります。 同じ事業所で関わらせていただくことは、日々体の状態が変化する中で、