2021.12.21 『ケーススタディ:入浴拒否のある利用者様への関わり』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は看護師によるケーススタディを実施いたしました。

テーマは「入浴拒否のある利用者への関わり」です。


入浴拒否のある利用者さんに促しを行うにあたり、まずは関係性を構築することがベースとなります。そのうえで拒否の原因を考察し、原因を解消するとともに、個別性をもって関わっていくことで、このケースでは最終シャワー浴まで実施することができました。


認知症の影響で、一度入浴を受け入れても、受け入れた際の記憶も思いも忘れてしまうこともありましたが、根気強く促しを続けるとともに、入浴にこだわり過ぎず違う手段での清潔維持を試みました。


清潔面を保てないことに対するリスクを説明することももちろん大切ですが、入浴することでよかったことを自身で感じとれる工夫を行い、プラスの情報を入力することの大切さも学びました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 最近の取り組みとして、事業所内研修の時間で『パーソナリティ診断』を実施しました。 パーソナリティ診断とは・・・ 受検された方の「まじめさ」「根気強さ」や「心理的ストレスに対する対処法」などのパーソナリティ(=資質)について、統計的手法から客観的な診断を提供するものです。診断結果はあくまでもその方の「タ

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 当事業所では、福利厚生の一つとして「はぐくみ基金」を昨年より導入し、社会保険加入スタッフ約9割のスタッフの希望者が加入しています。メリットが多くみられる「はぐくみ基金」に加入することで、スタッフからも喜びの声をいただいております。 本日は、新入職員も増えたため、はぐくみ基金の運営委託会社ベタープレース