top of page

2021.12.21 『ケーススタディ:入浴拒否のある利用者様への関わり』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は看護師によるケーススタディを実施いたしました。

テーマは「入浴拒否のある利用者への関わり」です。


入浴拒否のある利用者さんに促しを行うにあたり、まずは関係性を構築することがベースとなります。そのうえで拒否の原因を考察し、原因を解消するとともに、個別性をもって関わっていくことで、このケースでは最終シャワー浴まで実施することができました。


認知症の影響で、一度入浴を受け入れても、受け入れた際の記憶も思いも忘れてしまうこともありましたが、根気強く促しを続けるとともに、入浴にこだわり過ぎず違う手段での清潔維持を試みました。


清潔面を保てないことに対するリスクを説明することももちろん大切ですが、入浴することでよかったことを自身で感じとれる工夫を行い、プラスの情報を入力することの大切さも学びました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page