2021.11.9 『ケーススタディ:認知面低下に伴う排尿トラブル』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は、CMによるケーススタディでした。

認知症に伴う排尿トラブルということで、非常に難しいケースの紹介をしてくれました。


排尿トラブルには、器質的な原因、骨盤底筋群などの弱化、認知的な問題、環境的な問題など、様々な方面からまずは原因を探る必要があります。また、周りのご家族やサービスの関りの工夫、その他広い視野で考える必要性があると感じました。


認知面の方面からも、排尿・排便トラブルに対して更に知識を深めていこうという大きなきっかけとなりました。

引き続き、よりよいアプローチ方法の模索を行っていきます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 最近の取り組みとして、事業所内研修の時間で『パーソナリティ診断』を実施しました。 パーソナリティ診断とは・・・ 受検された方の「まじめさ」「根気強さ」や「心理的ストレスに対する対処法」などのパーソナリティ(=資質)について、統計的手法から客観的な診断を提供するものです。診断結果はあくまでもその方の「タ

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 当事業所では、福利厚生の一つとして「はぐくみ基金」を昨年より導入し、社会保険加入スタッフ約9割のスタッフの希望者が加入しています。メリットが多くみられる「はぐくみ基金」に加入することで、スタッフからも喜びの声をいただいております。 本日は、新入職員も増えたため、はぐくみ基金の運営委託会社ベタープレース