top of page

2021.11.16『ケーススタディ 難病疾患の方に対する関わり』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は、PTによるケーススタディです。


疾患名と症状との違いに気付き、セカンドオピニオンにつなげて新たな疾患名がついたことで、ご本人ご家族も納得されたケースの紹介をしてもらいました。

その他、難病疾患の可能性があるが検査に消極的なケースに対してどのように進める必要性があるか、難病疾患において転倒リスク軽減できるアプローチ方法の検討などに対してディスカッションしました。


様々な視点から適切な情報を伝える必要性、またご本人ご家族のご意思を尊重しながらサポートさせていただく必要性を改めて感じました。


最後までご覧いただき、ありがとうございます。

関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page