top of page

2021.11.16『ケーススタディ 難病疾患の方に対する関わり』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は、PTによるケーススタディです。


疾患名と症状との違いに気付き、セカンドオピニオンにつなげて新たな疾患名がついたことで、ご本人ご家族も納得されたケースの紹介をしてもらいました。

その他、難病疾患の可能性があるが検査に消極的なケースに対してどのように進める必要性があるか、難病疾患において転倒リスク軽減できるアプローチ方法の検討などに対してディスカッションしました。


様々な視点から適切な情報を伝える必要性、またご本人ご家族のご意思を尊重しながらサポートさせていただく必要性を改めて感じました。


最後までご覧いただき、ありがとうございます。

関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.5.21『虐待防止のための視点』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、在宅における虐待防止について検討しました。 高齢者虐待防止法が2005年に成立、2006年に施行されました。 具体的な種類としては、身体的虐待、精神的虐待、経済的虐待、ネグレクト、性的虐待があげられますが、現在も虐待事例、件数は依然として多く、その人らしい生活を送る為の支援のプロ

事業所内研修 2024.5.14『圧迫骨折受傷後の要支援症例』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では圧迫骨折受傷後の要支援の方に対する関わり方について検討しました。 今回の症例では、約3か月の訪問リハビリ終了後にデイサービス利用をされるという目標を達成された事例でした。 要支援症例の大まかなリハビリ方針を確立しケアマネや看護とも提示、共有することによって、終了の時期や進行度などを

Comments


bottom of page