朝の全体ミーティングの紹介⑥「食べ物にまつわる話」

大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


当事業所では、朝のミーティング時に行う取り組みの一つとして、

一日につきスタッフ一人ずつ2分程度話をしていただく取り組みを継続しています。

メリットは前回お話させていただいた通りです。


今回のテーマは「食べ物にまつわる話」です(^^)/

食べ物のことならなんでもOK★おいしい物を食べると幸せな気持ちになりますよね!

それはおそらく、全ての人に言える事かなと思い、今回食べ物をテーマに話してもらいました(^^)/


「毎年買うロッテのラミというチョコレートが最高であるとの話 そのほか」

「食には大きくこだわらないが、カレーが好きで中でも岡山のナシュカリーがすごくおいしい」

「紅玉林檎は好きじゃないけど、ジャムにしたら美味しくてここ10年作り続けている話」

「高知のカツオが最高においしい話 臭みなく塩で食べれる」

「娘が中学校に進学に伴い、毎日の弁当作りが楽しくなるようにマゲワッパを買ってテンションをあげている話」


などなど。今回のテーマもみんなの新しい一面がしれたのと、おいしい食べ物情報が満載で聞くだけで幸せな気持ちになれました(^^)/


次回のテーマは、『すきなこと3つ』!


関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の