全体ミーティング①:         ツインズGOOD&NEWS(^^♪ 

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

当事業所では、コロナ禍においてもみんなの表情を見ながらコミュニケーション・連携を図るために、ZOOMミーティング(全体ミーティング・各部署ミ―ティング)を実施しています。


その中でも、コロナ禍になって始めた『GOOD & NEWS』発表。

一日スタッフ一名、最近よかったと感じたこと、楽しかったこと、うれしかったことを発表する機会を設けて一年が過ぎました。



『GOOD & NEWS』を始めた目的

 世の中の一般的な傾向として、自身の生活の中でも悪いことやマイナスのことは残りやすく、逆に良かったことに目を向ける機会を逃しがちだと感じています。

日々の生活の中でよかったこと探しをすることで、普段は何気ないことでも良いことだったのだと気づいたり、心が前向きになれるきっかけになることがあります。


日々たくさんの方と関わらせて頂く中で、マイナスの気持ちが体調不良を起こすことも多々あると感じています。


『GOOD & NEWS』を通じて、自分が感じたプラスの出来事を見返し、それをみんなで共有することで、伝える側聞く側共に新たな気づきや喜びとなり、日々前向きに過ごせるきっかけになればという思いで開始しました。



開始してからまず思ったことは、ミーティングの中のみんなの笑顔が増えました。

みんなの良かったことを聞けて、幸せな気持ちやうれしい気持ちになりました。自分も頑張ろうと思えました。

そして私自身も何気ない日常から、学びや気付き・楽しさを感じ、スタッフや家族への感謝の思いが深まりました。



スタッフにおいては、少しプレッシャーになってしまった人もいたかと思います。

そんな中でも、嫌な顔せず付き合ってくれたみんなに感謝します。

少しでも、前向きな気持ちになれるきっかけになったことを願い、一度『GOOD&NEWS』はストップします。


今後は、新たな取り組みとして『サンクスメッセージ』を開始します。

また紹介させていただきますね。


最後まで読んでいただきありがとうございました







関連記事

すべて表示

★終末期ケア専門士 全員合格★

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 先日も紹介させていただきましたが、2021.10月に9名のツインズスタッフが終末期ケア専門士を受験いたしました。 そして、ドキドキしながら合格通知を待った結果、なんと9名すべてのスタッフが無事合格いたしました(^^)/ そのうちの3名のスタッフは優良の点数(90点以上)で合格できました! 挑戦してくれたことだ

2021.11.9 『ケーススタディ』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 本日は、CMによるケーススタディでした。 認知症に伴う排尿トラブルということで、非常に難しいケースの紹介をしてくれました。 排尿トラブルには、器質的な原因、骨盤底筋群などの弱化、認知的な問題、環境的な問題など、様々な方面からまずは原因を探る必要があります。また、周りのご家族やサービスの関りの工夫、その