top of page

全体ミーティング①:         ツインズGOOD&NEWS(^^♪ 

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

当事業所では、コロナ禍においてもみんなの表情を見ながらコミュニケーション・連携を図るために、ZOOMミーティング(全体ミーティング・各部署ミ―ティング)を実施しています。


その中でも、コロナ禍になって始めた『GOOD & NEWS』発表。

一日スタッフ一名、最近よかったと感じたこと、楽しかったこと、うれしかったことを発表する機会を設けて一年が過ぎました。



『GOOD & NEWS』を始めた目的

 世の中の一般的な傾向として、自身の生活の中でも悪いことやマイナスのことは残りやすく、逆に良かったことに目を向ける機会を逃しがちだと感じています。

日々の生活の中でよかったこと探しをすることで、普段は何気ないことでも良いことだったのだと気づいたり、心が前向きになれるきっかけになることがあります。


日々たくさんの方と関わらせて頂く中で、マイナスの気持ちが体調不良を起こすことも多々あると感じています。


『GOOD & NEWS』を通じて、自分が感じたプラスの出来事を見返し、それをみんなで共有することで、伝える側聞く側共に新たな気づきや喜びとなり、日々前向きに過ごせるきっかけになればという思いで開始しました。



開始してからまず思ったことは、ミーティングの中のみんなの笑顔が増えました。

みんなの良かったことを聞けて、幸せな気持ちやうれしい気持ちになりました。自分も頑張ろうと思えました。

そして私自身も何気ない日常から、学びや気付き・楽しさを感じ、スタッフや家族への感謝の思いが深まりました。



スタッフにおいては、少しプレッシャーになってしまった人もいたかと思います。

そんな中でも、嫌な顔せず付き合ってくれたみんなに感謝します。

少しでも、前向きな気持ちになれるきっかけになったことを願い、一度『GOOD&NEWS』はストップします。


今後は、新たな取り組みとして『サンクスメッセージ』を開始します。

また紹介させていただきますね。


最後まで読んでいただきありがとうございました







関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page