top of page

朝全体ミーティングの紹介④『頑張っていること・頑張ろうと思っている事』

こんにちは。

大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


当事業所では、朝のミーティング時に行う取り組みとして、

一日につきスタッフ一人ずつ一分程度で話をしていただく取り組みを継続しています。


人前で話をするのはとても緊張することではありますが、以下のメリットがあります

①一分前後でまとめてわかりやすく話す

②いろんな人の話を聞いて、自身の話し方や情報入手などの学びに変える

③スタッフのことをみんなが知ることができる貴重な機会となる

④形式ばった真面目な業務連絡ばかりのミーティングとならず、その時間はみんなの笑顔がみられる


前回までは内容はお任せでしたが、

2021.9月下旬よりテーマを決めることに致しました。

今回のトピックは「現在頑張っている事・頑張ろうと思っている事」です。


「資格をとるために頑張っているスタッフ」

「子供たちが頑張っていることに一緒に楽しむことを頑張っているスタッフ」

「資産運用の知識を増やすために頑張っているスタッフ」

「娘の弁当作りが出来るように料理にチャレンジしようとしているパパスタッフ」

「自身の健康管理のために筋トレチャレンジや栄養管理、体操の継続を頑張っている・頑張ろうとしているスタッフ」

「コツコツ頑張れるものをみつけるために頑張ろうとしているスタッフ」

「鬼滅の刃の炭治郎のような綺麗な心の持ち主になりたい」  などなど


一人ひとりの話が本当に素敵な内容で、毎回楽しく、刺激になり、私自身も前向きな気持ちになりとてもありがたく感じています。                     

引き続き、みんなの話を楽しみに朝のミーティングを迎えたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)


関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.5.21『虐待防止のための視点』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、在宅における虐待防止について検討しました。 高齢者虐待防止法が2005年に成立、2006年に施行されました。 具体的な種類としては、身体的虐待、精神的虐待、経済的虐待、ネグレクト、性的虐待があげられますが、現在も虐待事例、件数は依然として多く、その人らしい生活を送る為の支援のプロ

事業所内研修 2024.5.14『圧迫骨折受傷後の要支援症例』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では圧迫骨折受傷後の要支援の方に対する関わり方について検討しました。 今回の症例では、約3か月の訪問リハビリ終了後にデイサービス利用をされるという目標を達成された事例でした。 要支援症例の大まかなリハビリ方針を確立しケアマネや看護とも提示、共有することによって、終了の時期や進行度などを

Comments


bottom of page