top of page

事業所内研修2023.6.13『終末期のケアについてのケーススタディ』

 こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


 今回は、終末期の利用者様の事例検討を行いました。本人様・家族様の意見もふまえながら段階に応じてケアの方法や、提案時期、提案の仕方などをその都度検討していく必要がある事を改めて学ぶことが出来ました。個人の性格や、生活歴、職歴等により、個々に合わせた対応をしていく事が大事であり、リハビリ職、ケアマネ、看護職として何が出来るのか今後も考えていきたいと思いました。



関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.7.9『リハビリテーション栄養とトロミ剤』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、リハビリテーション栄養とトロミ剤についての内容を弊社の言語聴覚士が講義してくれました。 在宅サービスを受けておられる高齢者の約4割の方に低栄養のリスクがあるとの報告があり、低栄養状態になるとリハビリテーションを実施する際にも悪影響をもたらす場合があるとのこと。 低栄養の原因にはエ

事業所内研修 2024.6.18『入退院(骨折)を繰り返すケース』 

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、 入退院(骨折)を繰り返す方が移住する目標に対してどのような支援をしていくか検討しました。 ご本人の「移住するまでの生活を支えてほしい」との希望に添える様、決められた期限の中、サービスを調整し安全に生活が継続できるよう、現状の課題や意見交換をしました。 利用者様のさまざまな希望や

事業所内研修 2024.6.11 『美容家シルクさんの美容技法とその鍼灸的考』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション.ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、美容家シルクさんの美容技法を鍼灸的観点から学びました。 口角が下がってくると嚥下力が低下して飲み込みが悪くなる、表情が乏しくなるなど生活の質が低下していきます。 鍼灸学的に顔の中心を通っている胃経に注目した観点から紹介して頂きました。 顔の表情筋の運動が全身の健康につながるという

Comments


bottom of page