top of page

事業所内研修2022.5.16『肺痰を中心とした呼吸介助法について』

こんちには。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護・ツインズケアプランセンターです。

本日はPT奥平による『肺痰を中心とした呼吸介助法』についての発表となりました。


前半10分は座学をして、残りの時間は実技中心に実施しました。

呼吸介助方法は、救命にもかかわることもあり、リハビリだけでなく、看護分野においてもとても大切な手技となっています。


一度練習するだけでは獲得するのは難しく、利用者様一人ひとり違う症状によって手技や指導内容が変わってくるため、持続した実践練習と知識の向上がとても大切になってきます。


当事業所では、認定呼吸療法士が3名、今年も1名資格チャレンジするスタッフが在籍しております。その他、認定呼吸療法士の資格がなくても、実践の中で呼吸介助法・呼吸リハの経験スタッフがたくさんいております。


呼吸や循環の要素はすべての利用様においてみる必要性がある大切な分野であり、

今後もより知識・技術向上を図りながら、よりよいサポートができるようスタッフ一同精進してまいります。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page