top of page

事業所内研修2022.10.17 『成年後見制度について』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日の事業所内研修は、「成年後見制度」について宮崎CMより発表していただきました。

「成年後見制度」とは、知的障害・精神障害・認知症などによって一人で決める事に不安や心配のある方が、いろいろな契約や手続きをする際にお手伝いする制度です。


相談のタイミングや、申し立て、その後の流れ、必要なこと等を

身寄りのない方の「終活」と「突然の入院」を想定し、具体的なケースを元に非常にわかりやすい内容となりました。


ケアマネージャーさんたちは、利用者様へより良い支援をするために、いろんな社会資源や情報を学んでおり、私たち訪問看護・リハビリスタッフはその情報を聞かせてもらうことで非常に勉強になります。


ツインズの良いところの一つとして、自分の専門の分野だけでなく、幅広い情報を得ることでより広い視野で利用者様について考えれるきっかけを作ってくれるところです。

今後も引き続き学び続け、利用者様により良いサービスを提供できるように精進してまいります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.5.21『虐待防止のための視点』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、在宅における虐待防止について検討しました。 高齢者虐待防止法が2005年に成立、2006年に施行されました。 具体的な種類としては、身体的虐待、精神的虐待、経済的虐待、ネグレクト、性的虐待があげられますが、現在も虐待事例、件数は依然として多く、その人らしい生活を送る為の支援のプロ

事業所内研修 2024.5.14『圧迫骨折受傷後の要支援症例』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では圧迫骨折受傷後の要支援の方に対する関わり方について検討しました。 今回の症例では、約3か月の訪問リハビリ終了後にデイサービス利用をされるという目標を達成された事例でした。 要支援症例の大まかなリハビリ方針を確立しケアマネや看護とも提示、共有することによって、終了の時期や進行度などを

Comentários


bottom of page