top of page

事業所内研修2021.9.14『訪問スタッフへの暴力行為の現状と対策』


茨木市のツインズリハビリ看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


今回の事業所内研修の内容は、『訪問スタッフへの暴力行為の現状と対策』について、西PTより講義していただきました。


上記に対してツインズファミリーとしてどう対応することが望ましいか、改めて考える機会となりました。


本日の研修では、

全国の訪問看護ステーションにおける暴力の現状や、様々な研究結果も参考にしつつ、

ツインズ独自のフローチャートを元に、様々な想定でどう対応していくことが必要かをみんなの共通認識として持ちました。


【最悪な事態に発展しないための取り組みとして】

 問題行為があった場合は、必ず上司に相談をすることを前提に

 ①まずは暴力などがある利用者様・家族様の思いや行動の意味を理解しようとすること

  日頃から効果的な声掛けや思いを聞く機会を作ります


 ②我々介護・医療人は受忍体質(理不尽や違和感が生じても我慢しようとする態度)とな 

 りやすいですが、受忍体質を抜け出すために、こちらの心の在り方を変化させたり、

 時には伝えないといけないこともあります。

 その際には、伝え方に注意が必要です。

 まずは相手の気持ちも尊重して思いを受け止めたうえで、主張する「アサーティブコミュニケーション」が望ましいようです。

 その際には、伝えることばのチョイスやタイミングなども考慮することが大切と感じました。


 ③問題が実際に起こった場合のシュミレーション (フローチャートを元に)


今後も、スタッフ一同、日々コミュニケーションスキルを磨きながら、様々な難しい症例に対しても対応できるステーションに成長できるように、尽力してまいります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。





関連記事

すべて表示

2024年度介護報酬改定について

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の勉強会は介護保険改正についてでした。 介護報酬改定とは、通常3年ごとに実施される介護保険サービスを提供する事業者への報酬の改定をいいます。サービスの質の向上や適切な運営を促進するため、また社会や経済の変化に対応し介護保険制度を持続可能なものにするために、報酬体系のほかサービス内容の見直しもおこなわ

事業所内研修 2024.2.20『高齢者の自転車利用について考える』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 事例検討会をしました。高齢者の方の自転車利用について意見、感想、過去の参考ケースを元に多職種で話し合いました。 2022年都道府県別高齢者自転車事故件数ランキング 65歳以上の1万人当たりの事故件数ワースト1位「東京都」 2位「大阪府」3位「栃木県」 全国で2023年4月に道路交通法が改正され、ヘルメッ

事業所内研修 2024.1.23『ACP人生会議』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回はACP(アドバンス・ケア・プランニング)についての勉強会をしました。 ACPとは、疾患や障害、加齢による将来の変化に備え、将来の医療及びケアについて、 本人を主体に、そのご家族や近しい人、医療・ ケアチームが、繰り返し話し合いを行い、本人による意思決定を支援する取り組みのことです。 ACPでは最後

bottom of page