top of page

事業所内研修2021.8.17 『リハビリテーション栄養について』

こんにちは。茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

今回の事業所内研修の内容は、『リハビリテーション栄養について』林PTより講義していただきました。


リハビリテーション栄養とは・・・

障害を持った方や高齢者などに対し、リハビリテーションの内容を考慮したうえでの栄養管理と、栄養状態を考慮したうえでのリハビリテーションを行うことです。


リハビリテーション栄養の診断として、栄養障害・サルコペニア・栄養素摂取の過不足などがあげられます。

それぞれにレベルがあり、レベルにあったリハビリ内容・注意する点などがあることを学びました。



そこで【リハビリテーション効果を高める栄養療法】を少しご紹介します。

①効率的な栄養摂取のタイミング

・リハビリテーションの合間や直後の栄養摂取は有用との報告があります。

・リハビリテーション後30分以内にたんぱく質と糖質を含んだ栄養剤を摂取することで効果が期待されます


②タンパク質の摂取

 たんぱく質の摂取により、筋たんぱくの合成が促進されます。

 高齢者ではたんぱく質に対する反応性は低下し、必要量は増えるといわれています。

 そのため、機能改善のリハビリテーションを実施する場合、必要量はさらに多くなるため、意識したたんぱく質の摂取が必要となります。


→上記より、リハビリテーションにおいてタンパク質の摂取が必要であることを改めて知りました。そのほか、栄養は偏らないように摂取する必要性もあるため、栄養学や検査データの把握なども引き続き深めていきたいと思います。


以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page