事業所内研修2021.7.8   『ケーススタディ』

こんにちは。茨木市のツインズ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。


今回のケーススタディは PTスタッフよりALSの方について発表していただきました。

一般的なタイプ別のALSの疾患像の紹介や、現在悩んでいるところ、今後先を見越してどのような想定をして、どのように関わらせていただくことが必要か、具体的に様々な視点からの情報をみんなで共有しました。


スタッフによって担当させていただく疾患像が異なるため、個々で違う関わりや実際の振り返りの体験を元に共有することができました。


今後もより活発的なケーススタディに取り組んでまいります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



関連記事

すべて表示

★終末期ケア専門士 全員合格★

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 先日も紹介させていただきましたが、2021.10月に9名のツインズスタッフが終末期ケア専門士を受験いたしました。 そして、ドキドキしながら合格通知を待った結果、なんと9名すべてのスタッフが無事合格いたしました(^^)/ そのうちの3名のスタッフは優良の点数(90点以上)で合格できました! 挑戦してくれたことだ

2021.11.9 『ケーススタディ』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 本日は、CMによるケーススタディでした。 認知症に伴う排尿トラブルということで、非常に難しいケースの紹介をしてくれました。 排尿トラブルには、器質的な原因、骨盤底筋群などの弱化、認知的な問題、環境的な問題など、様々な方面からまずは原因を探る必要があります。また、周りのご家族やサービスの関りの工夫、その