事業所内研修2021.4.13  『BCP:感染症対策について』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。

今回のテーマは、室管理者による「BCP:感染対策について」です。


BCPとは、業務継続計画のことを指します。

具体的には、大地震などの自然災害や、感染症のまん延、その他突発的な経営環境の変化など不測の事態が発生しても、重要な事業を中断させない、または中断しても可能な限り短い期間で復旧させるための方針・体制・手順などを示した計画のことをいいます。


上記の中で「感染症:コロナ感染」にトピックをあて発表していただきました。

当事業所は、コロナ流行当初から、もしスタッフに陽性者が出現したとしても他のスタッフが濃厚接触者にならないための工夫を常々考え、利用者さんに安心していただけるように対策をたててまいりました。

具体的な方法として、①2チームに分けて、片方に陽性スタッフがでてももう片方のチームが動けるようにする ②各チームの中でも濃厚接触にならない対策 ③利用者様に安心して訪問サービスを利用していただく方法(手袋・ガウン着用など)を日々実践してまいりました。


今回は、具体的に「もし、〇〇さんが陽性になった場合」を想定して、各チームの具体的な動き方のシュミレーションを行いました。

発表を聞く中で、新たな問題点や検討事項も出てきて、活発な意見交換の場となりました。


ケアプランセンター・訪問看護ステーションは、いかなる時も利用者様のために、業務を継続する必要性がある事業です。

予期せぬ事態に陥った時に落ち着いて対応ができるように、今後も更なるブラッシュアップを行い、研修教育のサイクルを定期的に実施してまいります。



関連記事

すべて表示

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 今回のケーススタディは、終末期における訪問看護・ケアマネの関わりの中で学んだことを発表してもらいました。当事業所では、ケアプランセンターも併設していることもあり、病院からケアマネと訪問看護・リハビリのセットで依頼をいただくことが多々あります。 同じ事業所で関わらせていただくことは、日々体の状態が変化する中で、