事業所内研修2012.10.19『リハビリケーススタディ』


こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


本日は、PTによるケーススタディでした。

なかなかクオリティの高いスライドを用意してくれていました。


本日は、『様々なリスクを抱えた方に対して実施した取り組み』であり、

褥瘡対応や起立性低血圧リスク、介助量軽減目的に伴う、ご家族やご本人への関わり、ケアマネやデイスタッフとの関わりを通じて良くなったことと今後の課題について話し合いました。


ご家族との関りの中で使用した、入しやすい表は、みんなにも大好評で、今後使用させていただきます(^^)/


今後も、様々な新しい情報をみんなで共有しながら学びを深め、実践してまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

すべて表示

★終末期ケア専門士 全員合格★

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ケアプランセンターです。 先日も紹介させていただきましたが、2021.10月に9名のツインズスタッフが終末期ケア専門士を受験いたしました。 そして、ドキドキしながら合格通知を待った結果、なんと9名すべてのスタッフが無事合格いたしました(^^)/ そのうちの3名のスタッフは優良の点数(90点以上)で合格できました! 挑戦してくれたことだ

2021.11.9 『ケーススタディ』

こんにちは。大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 本日は、CMによるケーススタディでした。 認知症に伴う排尿トラブルということで、非常に難しいケースの紹介をしてくれました。 排尿トラブルには、器質的な原因、骨盤底筋群などの弱化、認知的な問題、環境的な問題など、様々な方面からまずは原因を探る必要があります。また、周りのご家族やサービスの関りの工夫、その