top of page

事業所内研修2012.10.12『透析について』

こんにちは。大阪府の茨木市のツインズリハビリ看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


今回の事業所内研修の内容は、『透析について』について、大給看護師より講義していただきました。大給看護師は、以前透析を中心に行っている病院に勤めていた経過もあり、様々な情報をたくさん発信してくれました。


リハビリスタッフとして特に勉強になったこととして、

①シャントの観察・維持方法

②透析患者さんの合併症や症状、またそれに対する対策など

③食事療法 など


様々な面で大変勉強になりました。

シャントの状態を維持するためにも、グーパーをしたり、皮膚をさすったり。その方にあった適切な運動や感覚刺激はどの疾患や症状においても効果があるなと再認識しました。


ツインズスタッフ一同、本日の学びも明日から生かせれるように、日々知識を増やしながら対応力を上げてまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

すべて表示

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。11月2日、虐待を考える機会として、訪問看護・ケアプランのスタッフで定例のケーススタディーを行いました。 虐待であると言える根拠は何か。それは本当に虐待なんだろうか。虐待と認識すればどのような行動をとるのが望ましいのか。とてもセンシティブな内容ではありますが、まずは1人で抱え込まずにチームやスタッフと

こんにちは。 大阪府茨木市のツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。本日は、中山STによる、『在宅における摂食嚥下リハビリテーション』についての発表でした。 STの嚥下練習とは・・・ ①嚥下評価 ➁間接嚥下練習(口腔器官の運動練習・発声練習・感覚入力など) ③直接嚥下練習(食事介助、適切な食形態の選択、実際の嚥下) ④お楽しみ嚥下練習(胃瘻管理の利用者に対する極少量の

bottom of page