top of page

事業所内研修2012.10.12『透析について』

こんにちは。大阪府の茨木市のツインズリハビリ看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。


今回の事業所内研修の内容は、『透析について』について、大給看護師より講義していただきました。大給看護師は、以前透析を中心に行っている病院に勤めていた経過もあり、様々な情報をたくさん発信してくれました。


リハビリスタッフとして特に勉強になったこととして、

①シャントの観察・維持方法

②透析患者さんの合併症や症状、またそれに対する対策など

③食事療法 など


様々な面で大変勉強になりました。

シャントの状態を維持するためにも、グーパーをしたり、皮膚をさすったり。その方にあった適切な運動や感覚刺激はどの疾患や症状においても効果があるなと再認識しました。


ツインズスタッフ一同、本日の学びも明日から生かせれるように、日々知識を増やしながら対応力を上げてまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

すべて表示

事業所内研修 2024.5.21『虐待防止のための視点』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では、在宅における虐待防止について検討しました。 高齢者虐待防止法が2005年に成立、2006年に施行されました。 具体的な種類としては、身体的虐待、精神的虐待、経済的虐待、ネグレクト、性的虐待があげられますが、現在も虐待事例、件数は依然として多く、その人らしい生活を送る為の支援のプロ

事業所内研修 2024.5.14『圧迫骨折受傷後の要支援症例』

こんにちは、大阪府茨木市ツインズリハビリ訪問看護ステーション・ツインズケアプランセンターです。 今回の事業所内研修では圧迫骨折受傷後の要支援の方に対する関わり方について検討しました。 今回の症例では、約3か月の訪問リハビリ終了後にデイサービス利用をされるという目標を達成された事例でした。 要支援症例の大まかなリハビリ方針を確立しケアマネや看護とも提示、共有することによって、終了の時期や進行度などを

Comments


bottom of page